L'odoriter 料理人の新しいプロダクト。

シェフとして、人として。今感じていることを少しずつ綴っていければと思っています。

自己紹介10。築地での経験とイタリア料理。

f:id:koji-tamura0929:20170804154849j:image

逃げる様にEditionをやめてしまったそんな僕にお店を紹介してくれた先輩がいた。

 

「新しくできるお店に先輩がシェフで入るから働いてみたら?」

 

他に縋るものもなく、直ぐに話を聞きに行った。フランス料理のお店で、新規オープン。

拾ってもらう様な形で入る事を決めた。

 

店ができるまで2ヶ月期間があり、築地での仕事を勧められ、魚の勉強にもなるなと働きに行った。

 

朝の3時に起き、4時から働く。皆が寝静まっている中築地は多くの方が働いている。皆終電で出勤しているみたいだ。僕は4時からひたすら魚の鱗をとったり、中骨を抜いたら、たまに魚をおろさせてもらった。バカでかい冷凍室に商品を取りに行ったら、セリを見せてもらったり、普段決して見れない築地をたくさん見る事が出来た。

 

11時過ぎまで働き、12時からは銀座の知り合いのお店で研修をした。少しでも料理に触れていないとドンドン遅れをとっている気がして不安で仕方がなかった。

 

夕方17時まで働いた後は家に帰り、20時過ぎには寝ていた。昼と夜が逆転した生活は、少し辛かったが、築地での仕事は刺激的で楽しかった。そのうち隣の店の兄ちゃんに声をかけてもらえる様になり、野球の話で盛り上がったりもした。

 

オープンが近づき、契約の話の為にオーナーの元を訪ねると、衝撃的な言葉で迎えられた。

 

「君はフレンチをやっていたそうだが、イタリアンで良いのかい?」

 

あまりの衝撃に言葉が出なかった事を覚えている。

 

イタリアン。何故そんな言葉が出てきたのか。

 

シェフは雇われなのは分かっていた。しかもフレンチ出身でフレンチをやると豪語していた。

 

会社自体はイタリアの輸入雑貨の会社で、レストランもイタリア料理。しかしそのシェフはフレンチ色に染めるつもりで、フレンチだと僕に話していた。

 

他に行く当てもなく途方に暮れたが、その社長がとても良い方で、これも何かのご縁だと働く事を決めた。

 

こうしてイタリア料理を学ぶ事になったのだが、ここから様々な事が起こる事を僕はまだ知らなかった。

 

良い事も、悪い事も沢山あったが、本当にこのお店で働いて良かったと思える2年半が始まる。